難しくて重要なやりがいのある恐ろしい仕事

昨年末から、私に新たな仕事が増えた。
製品を作る際の管理システムを設定する『マスター登録』と呼ばれる仕事で
会社でも限られた職場の数名しかできない、難しくて、重要な仕事である。

前任者の話では、誤った登録をすると全社のシステムがストップするというので
登録の最中は常に話しかけんなよオーラ全開‼
それでも、自分の作ったプログラム通りに注文が出て、加工が進んで・・・
数か月かかって数十種類の部品が製品に組み立てられ納品されていくのを見届けると、
つくづく「やりがいのある仕事」だなと感じます。

そんな"やりがいのある恐ろしい仕事"も3ヶ月たって少し慣れてきた先日の朝、
私がマスターを組んだ新製品の管理担当が上ずった声で私のところへ駈け込んできました。

ドルチェさん!大変です!!
先月登録してもらった新製品の部品の注文が、
勝手にジャンジャン出ちゃってます!



何事も 慣れてきた頃が鬼門であることを心しておくべし。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)