大田原高校定期演奏会2016(合唱部編)

昨日3/30(水)は、那須野が原ハーモニーホールで地元大田原高校の定期演奏会を聴いてきました。
第25回定期演奏会_2
この演奏会が聴きたくて期末月末年度末のこの日に休みをとってしまう程
私にとっては大切な演奏会なのです。

オープニングは、合唱部・吹奏楽部・OBによる校歌
全90人による男性二部合唱の校歌は、何度聞いても沁みる~。。。

先ずは【合唱部】の1~3年生16人による「無伴奏男性合唱曲」
男声合唱組曲「秋の瞳」より
空が凝視てゐる
はらへたまつてゆく かなしみ
うつくしいもの

歌詞がホールに降り注ぐような声でした。
セカンドテノールのソロのまるで楽器をかなでるかのような響きに、
それが"声"であるのを忘れて聴き入ってしまいました。

無伴奏男声合唱組曲「あの日たち」より
またある夜に
変ロ短調のハモリがブラボ~!!

そしていよいよ第2部は合唱部による寸劇 歌劇な男たち2016
今年のテーマはLOVEです(笑)

合唱部というのを忘れてしまう程の演技力で
カツオとリョウコの恋の行方にドキドキしたり
ゲラゲラ笑わされたりの客席が
劇中歌のたびに一瞬でシンと聴き入るあのギャップが大田原高校合唱部の醍醐味。
「どうにもとまらない」の山福先生のビートの効いたピアノがうめぇ~!!
「恋のバカンス」「世界にひとつだけの花」・・・1曲1曲にいちいち涙がでる。

第3部はガラッと雰囲気を変えて 谷川俊太郎の世界
ワクワク
男声合唱曲集「地平線のかなたへ」より
春に
男声合唱曲集「そのひとがうたうとき」より
信じる
寄り添うような益子徹さんのピアノと
力強さと柔らかさを兼ね備えた祈りのような歌声に ついに涙腺崩壊。

アンコールは中島みゆき「時代」
もうアタシどこか病んでるんじゃないかってくらい涙。。。


次は吹奏楽部に続く・・・

スポンサーサイト