私のキセキ

  • Day:2014.08.31 21:47
  • Cat:思い
今週は日テレの24時間テレビをチラ見しながら、家事をしたりピアノを弾いたりの週末でした。
今年の24時間テレビのテーマは「小さなキセキ、大きなキセキ」だそうですね。
私のまわりも、キセキで一杯です。


ママ友Mちゃんは、娘が中学校へ入学した2年前からの友だち。
娘同士が同じ部活だったので、この2年間というもの
毎週末を一緒に過ごしてきた仲間です。
ちなみに、私の2歳年下・・・だったかな?

ママ友みんなで自分の子供の頃の話をしていた時に、山形出身のMちゃんから
『私が小学校4年生くらいの時に大きな地震があってね・・』という話が出ました。
その瞬間、私の遠い記憶の中から、小学校の校庭で地面が揺れている記憶が鮮明に蘇りました。
私には昭和53年の宮城県沖地震の記憶があるのです。
あの同じ地震をMちゃんは数百km離れた山形で経験していたんだ~と思ったら、
あれから30年後にこうして出会えたことに何か運命のようなものを感じました。
私の周りには、県外出身の友だちや同僚がたくさんいるんですが、
みんなこうして引き寄せられて今一緒にいるんだな~なんて、時々しみじみ思うのです。



10年近く前、職場の先輩が亡くなりました。更年期障害からくる鬱病でした。
いつも明るくて元気一杯だった先輩がある日突然亡くなってしまったショックは大きく
私は人生観がまるっきり変わってしまうほどでした。
当時、私の漠然とした夢のひとつは「マラソンコンサートに出ること」。
でも、夢をかかなえるための努力すらしていない自分。
このままじゃ私マラソンコンサートに出ないまま一生終わってしまうかもしれない!と一大決心し
翌年、念願のマラソンコンサート出場の夢を果たしました。
そんなマラソンコンサートも今年で6年連続出場を果たし、
気が付けば、マラソンコンサートがきっかけで知り合ったりお付き合いが始まった方がたくさん。
マラソンコンサートに出なかったら今どんな日々を送っていたのか想像すらできない。
子供の頃、自分は一生弾くこともないと思っていた曲を
大人になって大きなステージで弾いたのもキセキだな~。



このブログを始めるキッカケになったのは、3年前の東日本大震災。
ブログを始めていなかったら出会うこともなかった不思議な出会いもキセキですね。

24時間テレビでは、
小さなわが子を残して亡くなった女性のドラマや
東日本大震災の津波で奥様を亡くされた方のお話を 涙を流しながら見ました。
そして、私の中にフツフツと沸いたのは、
ここ2か月、すっかり休止状態になってしまった夜のジョギングを再開しよう!という思い。

よし!明日からまたジョギングするぞ!!と宣言する私に
娘が言った言葉は・・・










明日なんて言ってないで今日から走らんかい!!

スポンサーサイト