伝わらなかった?私の想い

月曜日に横浜本社から急ぎの仕事が入りました。
依頼内容が不明確だったので本社担当に詳細の確認メールを入れ
分かる範囲で準備を進めることになりました。
昨日の午前中までに、製品を加工するためのマスター(システム上のプログラム)を作製し
午後から加工に入るところまでこぎつけ 昨日私は午後から休暇でした。

そして今朝出社してみると、本社担当から依頼内容をガラッと訂正するというメールが!!
何人もの手を介して、あんなに大変な思いをして準備したのに・・何なの!?と思ったら無性に悔しくなり、
本社担当にメール。

◯◯様
いつもお世話になっております。

10/30依頼書で特急対応とのことで
こちらも納期に間に合わせようと少ない情報の中で準備しておりましたが、
昨日午前中にマスター登録を完了し作業に入った途端また内容の変更とのこと。
マスターだけでも沢山の人が絡んでこぎつけたところなのに
今朝からまた同じだけの人が絡んでマスターの変更処理にバタバタしています。

このところ内容が曖昧なままの依頼が多いような気がします。
お互いに無駄な作業をしなくて済むようスタート時点でよく御検討願います。

今日もまた月末処理が沢山で大変ですが、
お互いがんばりましょう!(^^)!

㈱◯◯○○ 企画課 ドルチェ♪


本社担当は私と同い年の女性。テレビ会議で遠目に顔を知っている程度です。
それでも、
仕事が終わらず帰りの車の中でポロポロ泣いてしまった以前の私のような気持ちでいるのかなあ?と
彼女のこころに思いを馳せてみたりしているのです。

短い文章で、いかに
「あなたの指示でどれだけ多くの人と労力を動かしているか」
「中途半端な指示がどれだけ大きな影響を与えているか」
そして、「私からのエール」を伝えたくて禁断の顔文字まで使ったのですが、
私の想いはちゃんと伝わったでしょうか?

しばらくして彼女から返信ではなく電話がありました。
電話の第一声は『だってぇ~』

あまり伝わっていなかったようです(汗)
DSC03245_convert_20121003214335.jpg


スポンサーサイト