ホラ吹き戦法

晩ごはんの後、テレビでボクシングの中継を観ていたドル夫が、
いきなりおお~!と大きな声を出した。
日本人の若いチャンピオンが1ラウンドで相手のパンチにダウンしかかったのだ。
『コイツ調子にのってるから1ラウンドでダウンなんてしたら笑われちまうぜ!』というドル夫の言葉に
ドル夫の云う『のってる』が"ノリノリだぜぃ!"の『ノッてる』でないことを瞬時に感じ取ったが、
ボクシングに全く興味がない私は「ドル夫は、このひとキライなんだ?」と頓珍漢な返事をしてドル夫を固まらせることになる。
好きとか嫌いとかじゃなくてさぁ~(一一")
まぁ、たいていボクサーなんてのはみんな調子こんでるもんなんだよ。
命がけで戦うんだからそれくらいじゃないと勝てないんだけどな!
『勝てるかどうかわかりませんが精一杯頑張ります!』なんて言ってるようじゃ勝てないだろ(笑)?


なるほど・・・納得。



でも、実は今日こんなことがあった・・・。

夕方、会社で追い込みの仕事をしていると、本社の開発課から
『先日急ぎでお願いしてあった部品がまだ届いていないようなんですが、その後どうなっていますか?』とメールが入った。先週のうちに現場に加工の指示は出してあったのですぐにPCで進捗状況を確認すると、完成予定は明日。
速攻で開発に返信する。  
「先週 御社の発注課に御見積書を発行してありますが、まだ注文データが届かず納品の処理ができません」
「注文データが届き次第納品させていただきます」

そんなメールのやり取りを傍で見ていた進行管理担当者が
『ドルチェさ~ん!あの部品まだ完成してませんけど!!』と蒼い顔をして駈け込んで来た。
「そんなのわかってるわよ!明日完成だけど、いかにも注文データが遅れて納品できないってのをアピールしておいたの!!どっちみち本社が今日注文データ登録してもシステム上 ウチにデータが届くのは明日だから、明日データが届いたら涼しい顔で納品できるでしょ?」
『そっか!オレ、まだ完成してないのにドルチェさん ナニ強気なこと言っちゃってんの?ってドキドキしたよ』

ところが、それからしばらくして発注課から注文書のFAXが届いてしまった。
普段システムで注文データのやり取りをしているのだが、この部品だけ発注課が気を利かせて書面の注文書を発行したのだ。
これによって受注が成立してしまった手前、今日発送しない訳にはいかなくなってしまった。

仕方なく「申し訳ありませんが部品は明日完成なので、明日発送させていただきます」と
お詫びのメールを入れた。


こうして、私のホラ吹き戦法はあっけなく失敗に終わった。。。
法螺貝

スポンサーサイト

窓外の景色に 仕事がはかどらない那須の秋

先週末に職場の席替えがあった。
これまでは、後ろから話しかられても・自分の電話が鳴っていても気づかない程 仕事に集中してしまう時があったのに、席替えしてからのこの一週間はどうも調子がでない。とにかく集中できないのだ。

理由は明確!
席替えで今まで窓に背中を向けていた机の配置が、今度は窓に向かって座るカタチになり
那須のふもとの深い森の中にある職場の窓からは、大きなケヤキの木が秋風に葉を揺らしているのが見える。
一日に何度もこの風景に見入ってしまうのだ。

できることなら私も競走馬が付けているコレが欲しい!!
ブリンカー
【ブリンカー】
馬の視界と音を制限することで集中力がUPし
最大限の力を発揮させる効果がある。

4.0の謎が解けた!

今週、私は掃除当番。
私の職場では、掃除は1グループ3~4人の当番制になっていて
月に一度のペースで順番が回ってくるのだ。

先月、この掃除グループのメンバー変更があり、
私の担当が それまでの掃除機係からシュレッダー係に変わった。
掃除当番期間の一週間のあいだに、シュレッダーのゴミが一杯になったら捨てに行かなければならないのだが、
先週のシュレッダー係がサボったのか、月曜日だというのにすでに今日はゴミで一杯。
早速70ℓの大きなビニール袋にゴミを入れ、工場の裏口を出て50mほど離れた別棟の"クリーンセンター"に捨てに行った。
お~っと!そうだ。
会社では職場ごとのゴミの量を毎月記録しているので、捨てる前に必ず重さを量るのを忘れてはいけない。
どっこらしょ!とクリーンセンターの計りに乗せると、針の先はピッタリと4.0㎏のところを指した。
職場に戻って掲示板の記録表に記録しなければいけないので、
咄嗟に左手の甲にボールペンで4.0と書いた。
20170821200558ca0.jpg

その途端、あの日の記憶が蘇り思わず叫んだ。
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!






あの日も確か・・・こうやって書いたんだった

「4.0」を引きずりながら2017年夏休みに突入

明日から、会社が9日間の夏休み
今週期限の仕事はひとつたりとも夏休み後に持ち越すもんか!と今週は特に頑張ってきたのだが、
周りの同僚も想いは同じらしく、右から左からドンドン私のところに仕事が流れてきて
モレのないよう目の届くところにメモしながらなんとか完結!

はぁ~!! やった~!!休みだ休みだ!と帰りの車の中で連休中の予定に思いを馳せながら
ふとシフトレバーに置いた左手を見ると・・・

ん?何か書いてあるぞ!?
20170714210610593.jpg


4.0?
20170714210612949.jpg
電話を受けて大事なことだったので咄嗟にメモったのだろうが、
4.0が何を意味するのかさっぱり思い出せない。


夜、お風呂に入ったら、文字が見えないくらい薄くなってしまったので、
4.0が何だったのか思い出すまで 連休中毎日書き直すべきかどうか迷っている。。。

でも、せっかく連休をエンジョイしている最中に つい思い出してギャーってなるのは嫌だな(一一")

コミュニケーションを求めて

『おはようございます!』
ひと月ほど前から、私がタイムカードを打っていると必ず彼女が話しかけてくるようになった。
顔は見たことがないが、声から察するに20代後半から30歳くらい。
気取った感じがない素直ないい子っぽい。
そんな彼女に「おはよ」と、つっけんどんに返事をして毎朝自分の職場に向かう。

帰りもタイムカードを打っていると、
オドオドしたように『お疲れ様でした』と、また話しかけてくる。
「どういたしまして!」とまた、つっけんどんに返事をして会社を出る。

感じが悪い訳ではないのに、何故か彼女の声がいちいち癇に障るのだ。

今日も「おつかれ!」と無愛想に返事をして会社を出ると、
後ろから歩いてきた同僚に、
『ドルチェさんてタイムレコーダー に話しかるんだ』と笑われた。
(後ろから人が来ていたとは誤算だった)
仕方がないので、同僚に「彼女」への想いをぶちまける。

先月から職場のタイムレコーダーが新しくなり、
今までのピッと鳴るものから"喋るタイムレコーダー"に変わった。
しかし、その声が妙に素人っぽいためにカードリーダーが反応しているのか、誰かが喋っているのか判断しづらいのだ。
誰もタイムレコーダーにコミュニケーションなんて求めていないよね!と同僚に愚痴ると、
『でもいちいち返事してるんだから、ドルチェさんは求めてるんじゃないの?』と笑われた。

アタシが?
タイムレコーダーに?
コミュニケーションを?
求めているだと!?

それじゃまるでアタシが、ただの変なヒトみたいじゃないか!?