我が家に「ストレッチポール」がやってきた!

毎日9時間のデスクワークのせいで私は酷い「坐骨神経痛持ち」である。
症状の重い左足は、ずぅ-----------っとシビレがあるし、
毎回整体で指摘される"骨盤が歪んでいる"影響で 右足と左足の長さも違う。

最近、また症状が辛くなってきたので、そろそろ整体に行かなきゃなぁ~、
でも忙しいしなぁ~・・・と考えていた矢先に"ストレッチポール"なる整体グッズを発見。
ストレッチポール
寝るだけカンタン♪につられて早速購入・・・と思ったが、こんなタダの棒が¥9,612!
でも、整体3回分と考えれば安いし、ドル夫の五十肩にも効果がありそうだし、と意を決してポチッ!




ハイ!届いたぁ~!!
20170922205632cf4.jpg
昨日届いて早速10分間ほど ただ横たわってみたが、
整体を受けたあとのように 立ったときのバランスが少し良くなった気がした。
今朝は、いつもより足の痺れが軽かったような気もした。
そして、今日は一日デスクワークをしていても、いつもより痛みが楽だった!!
徐々に痺れが軽くなればいいなと思って購入したのに、こんなに早く効果が出るなんてビックリ。

ストレッチポールには他にも
・肩こり
・ねこ背
・骨盤矯正
・脂肪燃焼
・腰痛改善
・ダイエット効果
・美容
・血行促進
・疲労回復
・更年期障害
・リラクゼーション効果
・冷え性対策
・デトックス効果
・免疫力アップ
・記憶力アップ
・学力アップ
・アンチエイジング
・不眠症
・不妊症

・・・に効果があるかもしれませんので
効果が出次第 順次当ブログでご紹介していきます!


なお、体の歪みはストレッチポールで矯正できますが、
性格の歪みには効果がなさそうです。
スポンサーサイト

頑張れ!アタシの内転筋

先日の土曜日は定期的に通っているスポーツ整体へ行ってきました。

スポーツショップ内の一角にあるお店で
しかも地元の私立高校野球部の専属トレーナーの先生に施術してもらえるとあって
患者さんの9割・・・いや私以外の患者さんは全員アスリート!

初めて行った時は、とにかくビックリするくらい痛くて
"蹴り飛ばしてやろうか!"ってくらいの殺意すら覚えたが
それですら、初めてなので手加減してくれていたという事に後々気づかされる。

相変わらず、いつ行っても待合室には前の患者さんの
「あぅ・・・」「ぐぅ」「がぁ~!!」という叫び声が聞こえてきて私の恐怖心を煽るのだが、
施術が終わると、10㎏くらい痩せたんじゃないかと思うくらい体がスッキリして軽くなるのだ。

デスクワークで凝った広背筋を毎回グリグリとほぐしてもらい
坐骨神経痛に効果があるという「内転筋」のトレーニングを1ヶ月続けたところ、
最近やっと効果が出てきました。



さて、春に受けた職場の健康診断の結果も届きました。
一昨年がC、昨年がBだった評価が・・・
20160822213825f2f.jpg
今年はオールA!(しかも、身長が伸びて、視力までUPしている)


オールAだけど、座骨神経痛(笑)
もうちょっと頑張れ!アタシの内転筋!

「リリカ」の副作用で体重増加中(ギャー!)

脊柱管狭窄症でリリカを飲み始めて2週間。
やっと、座骨神経痛の痛みに効果が現れてきました。
201606162016397bb.jpg
が、薬の副作用で眠くて眠くてこの2日間はほとんど記憶がありまへん。
(2日間ボケ~っとしている間に、いつの間にか夏ボーナスが支給になっていたり、
舛添都知事の辞職が決定していてビックリだわ!)

そして、
リリカの副作用は眠気の他に、体重増加!


先週末、
汗がボタボタ地面に落ちるほどジョギング(←もはやランニング)後に体重を計ったら46.6㎏でした。
それから2~3日後、何気なく体重計に乗ると・・・48.8㎏。そして昨日49.2㎏。
この一週間で2.6㎏増加。

これ絶対ヤバイ~!


腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)確定!

座ると座骨が痛い!と整形外科に駆け込んでから一週間。
毎日リリカを飲み続けましたが、
あまり効果を感じません。
 
【昨日の診察】
先生:どうですか?リリカでめまいや眠気はありませんか?
私 :仕事中はいつも眠いんで、薬のせいかどうかわかりません・・・てへへ(笑)
先生:痺れの原因は、おそらく"脊柱管狭窄症"だと思われます。
    ここがこうで、ああたらこうたらで・・・と背骨の模型で説明して下さいました。
私 :ソレって何が原因なんでしょうか?(やっぱジョギングが良くないのかな~)
先生:加齢ですね!
私 :は?ジョギングとかが原因じゃないんですか?
先生:いえ加齢です!ジョギングやスイミングは狭くなった神経の血流を促すので
    いいと思いますよ。
私 :か・・加齢ですか(;一_一)
先生:では、一度MRIを撮ってみましょうか。
私 :はい!是非!!(←最初からソレやって欲しかったんだよ)

その病院ではMRIがないので、車で5分ほどのA病院へ行くことになりました。

A病院に着いて放射線科で受付を済ませ、
誰もいないガラーンとした待合室で座っていると、すぐに名前を呼ばれこころの準備をする暇もない。
検査室に入ると、こ~んな機械が、デカい口を開けて
MRI.jpg
ラップのリズムを刻みながら私を待っていました。
(機械のモーター音が私にはどうしてもヒューマンビートボックスに聞こえるのだ)

さっそく横になって腰が動かないようベルトでグルグル巻きにされます。
『ちょっと音がうるさいですけど我慢してくださいね~』と
検査技師のお兄ちゃんに見送られながら、そのままゆっくりとマシンの中へ送り込まれました。
狭い内部は真っ白なアーチ型の天井部分が目の前に迫って
眼をあけていると眩しいので、自然と目を閉じることになります。
その間もずっとマシンは例のラップのリズムを刻み続けます。
MRIの緊張感とヒューマンビートボックスの軽いリズムのギャップにずっとニヤニヤが止まらず
内部カメラで私の顔が監視されていないことを祈りました。

ガガガ・・・という音でいきなり検査開始です。
外部と遮断された空間で
ガガガガ・・・
ブブブブ・・・・
ビビビビ・・・
ドドドド・・・・
と音は色々変化して、ひとつひとつに意味があるんだなと思ったらやかましい音も不思議と苦にならない。。
画像を撮っている間はずっと、少しでもウエストが細く映るようお腹を凹ませることも忘れません!

そして、その間もずっとあのヒューマンビートボックスのリズムが鳴り続けます(笑)
MRIの中ではひとりニヤニヤ。
 
と、頭の上の方からかすかに女の子の歌声が聞こえるような・・・。
これは幻聴か?と思っていると、今度は遠くからヴァイオリンの音まで聞こえ出した。
うわ~!!こえぇ~!! なんだか脳みそにダイレクトに音楽が入ってくるぞ!と心臓バクバク。
ニヤニヤしたりバクバクしたりしながら20分程で終了。
『お疲れさまでした』と機械から助け出してくれた技師さんに
「コレ、音楽流してます?」
『あぁ、はい。』
「ああヨカッタ、幻聴が聞こえたのかと思ってビックリしたわよ(笑)」と言い捨てて帰ってきました。


【今日の診察】
昨日撮ってもらったMRIのフロッピー(!!)を持って、昨日の整形外科へ。
診察室で先生と一緒に画像を見ましたが、
あんなに頑張ったのにウエストは全く写っていませんでした(←そこ?)

肝心の脊柱管の狭窄は、
やはり途中の神経が細くなっている部分があって
そのせいで座骨が痛んだり足がしびれたりしているんだそうです。
腰部脊柱管狭窄症決定!
今日も「血流を良くする薬」を処方されて、現在飲んでいる薬が4種類に!!

でも、私はいたって元気です!