麻呂があふれる女子高生のプール事情

連日30℃を超える猛暑が続いているが、
今週から体育の授業がプールになった娘は意気揚々と学校へ向かう。
それにしても、ジリジリと暑い太陽の下で、
真面目に泳ぐでもなくラッコのようにただ仰向けで浮かぶ女子高生の集団は、
想像しただけでかなり笑っちゃう。ぷぷぷ。。。



さて、いつものように仕事帰りに学校まで娘を迎えに行って一緒に帰ってきた。
今日は『ああ!お母さんマツキヨ寄って!』と言われ立ち寄ると、
娘はこんなものを買っていた。
20170711204542956.jpg
『プールに入るとみんな化粧が落ちてアンタ誰?ってなるんだよね~!!』と笑う
娘のメイク用品は、確かに私のより充実している。


プールのあとの教室は麻呂で溢れかえっている。。。
麻呂
どうか早く娘の眉が伸びますように!!

スポンサーサイト

『牛タンと背中で仙台を感じる旅』計画中

期末テスト期間中の娘は、送り迎えの車の中でも勉強に余念がない。
今日も、後ろの席から娘の独り言が聞こえてきた・・・。



その歌を聴くと、私は泣かずにはいられない。
I can not help crying when I hear that song.

この問題は私の手には負えない。・・・ホンマや!
This problem is beyond me.

彼はメアリーがもはや自分を信用してくれないと心配している。・・・修羅場やないかぃ!
He is worried that Mary no longer trusts.


彼が私にくれた本はどれも、私にはおもしろくない。
None of the books he gave me are interesting to me.



いちいち教科書にツッコミを入れる娘も面白かったが、
この教科書、やけにネガティブな文章ばかりなのが気になる。


そんな娘と来月『仙台』に行く計画を立てている。
仙台には長男が住んでいるので、私はちょくちょく行くのだが娘は実に4年ぶり!
何処へ行きたいか尋ねると『とりあえず牛タンが食べたい!』とのこと。

私:よし、先ずは牛タン食べて・・・・。それから?

娘:それから、兄ちゃんのアパートでゴロゴロする!

私:せっかく仙台まで行くんだからもっと仙台の空気を感じようぜ!

娘:アタシはゴロゴロして・・・背中で仙台を感じたいのッ!!

私:すごい名言・・・(一一")




あたしは、ここに行きたい!!
水族館_convert_20170628215506

みどり色

みどり色が好き・・・という訳ではないのだが、私はわりとみどり色を着ることが多い。
「ヒトとちょっと違うこと」が好きなので、ヒトが選ばないような個性的な色で
なおかつオークル系の私に似合う色がみどり色なんじゃないかと思っているのだ。
DSC04205_convert_20130823194052_201308232016430a6.jpg
(2013年:那須野が原ハーモニーホール・マラソンコンサート)

ピース_convert_20160526220352
(2016:仙台マラソン)



今日は少し肌寒かったので、シフォンのブラウスの上にみどり色のカーディガンを羽織って出勤。
仕事帰りには、いつものように高校で娘を拾ってスーパーに立ち寄りました。

スーパーの駐車場に車を停めて車から降りると娘が一言
『今日のお母さんスゴク目立つね!』

そ・・そうか?

スーパーに入ると『フルーツ買ってくる!』と娘はフルーツコーナーへ。
野菜売り場でレタスを選びながら娘が戻ってくるのを待っていましたが、なかなか来ず。
しばらくすると遠くから何故かゲラゲラ笑いながら戻ってきました。

そして、何を言うのかと思えば、
お母さんたら、野菜売り場のみどり色に紛れちゃって
どこにいるのかわかんなかった~!!

2017061220471450e.jpg
こんなに目立つのに?

プロの仕事

今日は、週明け月曜日。
JK娘の友達が休み中に髪をカットしてブルゾン○えみのようになって登校。
ブルゾンちえみ_convert_20170612211026

娘が『ソレって美容院で何て言ってカットしてもらうの?』と尋ねると、
友達曰く・・・





『ブルゾン○えみ みたいに!って』

ある意味、この美容師さんがスゴイ!

時空を超えて娘と感動の再会

昨日は珍しく娘から「帰り、ビッグに迎えに来れる?」とLINEが入る、
ビッグ(那須店)は、仕事帰りにいつも娘を迎えに行く通り道にあるのでお安い御用だ。
ビッグ
夕方、約束の6時よりチョット早く着いた。
私はほとんど立ち寄ったことがないスーパーなのだが、娘は以前バイクで部活に行った帰りにビッグのミスドでドーナツを食べてきた!と言っていたのでミスタードーナツがあるらしい。
が、いざ行ってみるとビッグの周りはかなり寂れた感じで、ミスドも撤退してなくなっていた。

娘が昨日学校帰りにビッグに行った目的はおそらくプリクラだと思ったので、
ビッグの隣のゲームセンターとダイソーの前の駐車場に車を止めて「着いたよ!」とLINEを入れた。
「今行く!」と返信があったが、いつまでたっても出てこない。
「どこ?」と再びLINEが入り、何でこんなわかりやすいところにいるのにウチの車を見つけられないんだ?と思いながら電話をかけた。
母:ダイソーとゲーセンの前の駐車場にいるんだけどアンタどこ?
娘:え~!!ビッグの正面入り口

ビッグの正面入り口の方を見ながら
母:ええ?全然見えない。お母さんココだよ!
・・・と入り口の方角に向かってジャンプしながら大きくを振る

娘:え?どこ?
母:ここだよ~!! (相変わらずピョンピョンしながら)
娘:ダイソーの前にきたんだけど、車ないよ?
母:ここだってば~!!(ピョンピョン)
ビッグで買い物を終えたお客さんが、ピョンピョン跳ねる私を気持ち悪そうに見ながら通り過ぎていく。

娘:どこ?
母:ここ!!!
娘:ミスドの方?
母:ミスドなんて潰れて無くなってるじゃん!
娘:え?お母さん何言ってんの?今ミスドの前にいるんだけど・・・

そんなやり取りを延々と繰り返しているうちに、私は気づいた。
娘は時空の歪から、
ミスドがあった頃の過去の時間に迷い込んでしまったんだ!


途端に怖くなって背筋がザワザワ~としてきた。
何が起こっているのか訳が分からず電話を持ったまま黙ってしまった


「・・・・・・・・。」



と、娘から現在地のLINEが届く
20170601214612d41.jpg
そこは、私がいるビッグ那須店から10㎞以上離れたビッグ那須塩原店だった。