次男の新しい出発

  • Day:2017.09.25 21:06
  • Cat:家族
次男が今日、高校卒業後3年半勤めた会社を退職した。

もう2年以上も前から 辞めたいと漏らしていた息子を、
「仕事がキツイから辞める!なんて気持ちじゃ何処へ行っても続かないんじゃない?」と無責任な言葉で引き留めてしまったものの、その仕事っぷりを見ながら ブラック企業だな~と薄々感じてはいた。

何度も職安に足を運び面接も受け、それでもなかなか思うような仕事が見つからず、2年かかってやっと決まったのは、ずっとやりたかったという設計の仕事だった。
そういえば、私は息子が設計の仕事をやりたかったことすら知らなかった。

息子の退職が決まった職場では、代わりの社員を採用して引き継ぎが始まったが、
次の社員も、まだ引き継ぎも終わらないうちに、たった2週間で辞めていったそうだ。
(この社員とは気が合って、仕事をやめてからも度々ふたりでバイクで出かける仲になっている)

さっそく明日から新しい職場へ出勤する息子を
いつも通り送り出すつもり。
ただ、お弁当だけは息子の好きなおかずを集中的に入れてあげようと思っている。
スポンサーサイト

今年わが家は銀婚式

  • Day:2017.09.09 22:09
  • Cat:家族
今年我家が結婚25周年を迎えることに気づいたのは5月。
何気なく「ねぇ!今年銀婚式だからふたりでどこか行こうよぉ~!!」と言ったら
『おお!いいねぇ~』と二つ返事のドル夫が、翌月には京都のホテルと新幹線の仮予約を完了。
私にしてみれば余りの速さにビックリだったが、ドル夫曰く『ホテルはずいぶん悩んだ』のだそうだ。

一方の私はというと、京都は学生時代の修学旅行以来なのでウキウキしてガイドブックを購入したものの
忙しくてじっくり眺めることもできず、気づけば2ヶ月放置・・・。
20170909195110a8b.jpg
今日になってやっと「どこ廻ろうかね~」とガイドブックを開いていると
ドル夫『それ熟読してオレもう3日間の日程できてるんだけど
銀婚旅行まで2ヶ月半もあるのにどんだけ楽しみなんだこの人(笑)


結婚を決めた時"この人だったら将来頭が薄くなってもお腹がでても、ずっと好きでいられるだろうな"という直観で結婚した私の予想は的中し、25年たったドル夫は見事に薄毛のメタボになったが、予想通り"25年間ずっと好き"だ。

時差を完全に無視したプラハからのLINE

  • Day:2017.09.05 22:38
  • Cat:家族
真夜中に、突然 枕もとのスマホのLINE着信音が鳴りっぱなしになった。
いったい何ごと!?・・・と寝ぼけて暗闇でワタワタしているうちに10回以上鳴り続けたLINEの着信音は止み、私はそのまま眠ってしまったようだ。


しかし、今朝になって再び思い出し『あれは夢だったのか?』とスマホを手に取ると、
先月末からプラハ(チェコ)に行っている長男から大量の写真が届いていた。
(プラハの時差は日本マイナス7時間)

プラハ城
20170905210741a42.jpg

石畳の旧市街
201709052046578ae.jpg

おとぎ話に出てきそうな街並み
20170905204655b72.jpg

これだけでは何処なのかわからない。。。(一一")
20170905210739b8b.jpg

チェコ行きの目的は、研究室の研究発表ということだが、
大学の交響楽団で音楽をかじっている息子に「音楽の都」はさぞかし刺激的だろう。

日本からはチェコ行きの直行便がないため、一旦デュッセルドルフ(ドイツ)で乗り換え、実に20時間ちかくかかるらしい。
お盆に帰省した際に息子の初めてのヨーロッパ行きを案じて「あんたドイツ語なんてできんの?」と尋ねたら
『英語が話せれば大抵大丈夫だから・・・』とのこと。
そんな息子の手元を見ると、今回の研究発表用のレポートなのか、ノートパソコンの画面は英語だらけでなんのことやら私にはサッパリ理解できなかった。
そうか・・・息子はいつの間にか英語が喋れるようになっていたのか。

バイク乗りの次男が羨ましい

  • Day:2017.09.04 22:09
  • Cat:家族
バイク好きな我家の次男は、750ccの大きなバイクを乗りこなす。
昨日も朝早くに「ちょっくらツーリング行ってくっから~!」と言い残して出かけて行った。

夜9時過ぎに帰ってきた息子に「今日はどこまで行ってきたんだい?」と尋ねると
『ああ、、、磐梯スカイライン』とぶっきらぼうながらチョット嬉しそうな返事。
磐梯スカイライン_convert_20170904210319
(画像:福島市観光協会より)

何でも、今回一緒に行った仲間というのが、
先日、ひとりで地元の山に走りに行った時に話しかけられ、仲良くなったライダーさん達で
会ったのは昨日が2回目というからオドロキだ。

バイク乗りというのは独特なのか、
息子は"走りに行った山で知り合って次は一緒にツーリング・・・"というパターンが多い。
人見知りだった息子をひと回り大きくしてくれたバイクの世界に私もチョットだけ興味があるのだが、
いや待てよ!・・・どう頑張ってもこんなのに自分が跨がれそうな気がしない。。。
バイク

娘の高校生活最後の夏休み

  • Day:2017.08.04 21:28
  • Cat:家族
高校生活最後の夏休みを満喫中の娘。
来春から県外で一人暮らしを始めるのが不安らしく、
今年はお昼ごはんを自分で色々挑戦して作っているので、親としてはすこぶる楽になったもんだ。
いや、楽にはなったが不安は増した。

昨日は親子丼を作るというので冷凍庫に鶏肉があることを伝えて出勤したが、
仕事から帰ってくると冷凍庫の鶏肉がそのまま残っていた。
『あれ?鶏肉残ってるけど親子丼作らなかったの?』
『え?冷凍庫じゃなくて冷蔵庫に肉があったからそれで作ったけど』
『冷蔵庫??? ええ?!アレは鶏肉じゃなくて豚肉だよ!親子丼じゃなくて他人丼だ(笑)』
こんな風に育ててしまった自分を深く反省させられた。

先日はオープンキャンパスにも行ってきた。
動物看護科志望なので、ワンちゃんにチューブで栄養をあげるといった実習もあったらしい。
『ちゃんとあげられたの?』
『それがさぁ、実習に連れてこられたのがチューブなんて全然必要ない元気でピンピンしたワンちゃんだったもんだから、食いつきが凄まじかった!』

鶏肉と豚肉の区別もつかない娘だが、
初対面の人達と笑顔で写真に収まれるその度量があれば、
オーキャン
たいていのことは
何とかなるような気がする