牛タンと背中で感じる仙台の旅~2017夏

今年3度目の仙台から帰ってきました。
5月は仙台マラソン
6月は仙台で暮らす長男の定期演奏会
そして、今回は・・・ズバリ!
娘と行く牛タンと背中で感じる仙台の旅 (旅のネーミングの由来はコチラ)⇒

まず、家を出る際のカーナビの目的地を「牛タン利久多賀城店」に設定。
「うみの杜水族館」も行きたかったので、仙台市よりチョット先の(水族館に近い)多賀城市のお店を選びました。
目的地までは230㎞。朝8時に出発して途中東北自動車道のPAで休憩しながら行くと12時に到着予定。
多賀城市の利久に行くには、東北自動車道仙台南JCTから仙台南部道路・東部道路に迂回するコースになりますが、いつもの通り仙台に向かって通過してしまい、ひとつ先のICまで行って東北道乗り直しのハプニング。
さらに東部道路を降りたあともカーナビの理不尽な要求に応えられず迷いまくり、道沿いのタクシー会社を見つめながら『もうここにこの車乗り捨ててタクシーで行こうか?』と本気で考えました。

と言いながら、予定通り12時には利久の入口に並ぶ30人ほどの列の最後尾に並んでいました。
うす曇りながらむしむしと暑い宮城県の空を眺めながら待つこと1時間。
牛タン【極】定食が目の前に鎮座しなさった!!
2017071715522276b.jpg
う・・うんめぇ!!
感極まるとはまさにこのこと。
これを食べるために朝8時に家を出て230㎞4時間、
さらにお店に入るまで1時間待ったので合計5時間の牛タンの旅がここで終わったのだ。


いや、旅はまだ終わりではない。
次の目的地は2年前にオープンした「うみの杜水族館」
残念ながら私のカーナビが古すぎてココは出てこなかったのだが、
"近くまで行けば看板があるがか大丈夫だろう"というO型特有の甘い考えが災いして再び迷う・・・。
牛タン利久から車で10分の筈が倍の20分かかってやっと到着。

砂利の臨時駐車場に車を停めて見渡すが、それらしい建物は・・・これか?
20170717155105ce7.jpg


しかも、午後3時だというのにチケットを求めるお客さんで長蛇の列。
20170717155107fd1.jpg


館内はこんなで
2017071717132705d.jpg

こんなのや
201707171548208ca.jpg

こんなのがいて癒されたが、
20170717154823e1d.jpg

イルカのショーは時間が合わず断念。
それに、水族館の向こうは海じゃなかったのね・・・。
201707171548224ca.jpg


1時間ほどかかって水族館の中を一周したが、とにかくスゴイ混みようで、早々に長男のアパートへ。
車に布団を積んで行ったので、この日は娘とふたり長男の狭いアパートにお泊り。

食器も調味料もほとんどない長男のアパートでの晩ごはんは、満場一致でピザ・パーティになりました。
しかも、デリバリーではなく取りに行けば10%OFFになるというので長男に原付バイクで取りに行かせる(笑)
注文し過ぎたかな?と心配したピザは、全く心配無用だったほど大食いに成長した息子や娘とピザを囲んで
幸せなひとときでした。

仙台滞在24時間で、今日は昼前に仙台を出発。
昨日仙台に向かっていた時と違って、帰りの車の中では口数が少ない娘。
わたし同様、娘も旅の帰り道はチョッピリ心が切なくなったようです。
スポンサーサイト

仙台へ

牛タンを食べに、ちょっくら仙台まで
20170716100510c05.jpg

お腹もビックリ「ずんだシェイク」

先日の土日で行ってきた仙台の話をもう少々・・・。
仙台滞在24時間で"仙台っぽいもの"を何ひとつ口にしていないことに気づいたので
帰りの新幹線に乗る前にずんだシェイクを買いました。

普段わたしはあまり冷たい飲み物を摂らないし、
シェイクは特にお腹が冷えるので 滅多に口にしません。
なので、この「ずんだシェイク」に至っては実にナント5年ぶり!
(しかも、5年前も仙台城址で飲んだ「ずんだシェイク」でした。)




さて、5年ぶりの「ずんだシェイク」のお味は・・・
20170618115706656.jpg

ん・・・? で・・出ないぞ!!
全力でチュー!!と吸ってみるが、ウンともスンともない。
さらに、両方の頬を凹ませながら腹筋を使って吸い込むとやっと一口目が口の中に広がりました。

う・・うんめぇ~!!
枝豆の風味とツブツブ感がヤミツキになります。


さらに、新幹線に乗ってから(仙台感の全くない)さぼてんのヒレかつサンド。
201706192011258c7.jpg

新幹線で1時間で那須塩原に到着。
自宅までは更に車で30分の距離です。

家に向かって15分ほど車を走らせたところで、一瞬お腹に差し込むような痛みを感じました。
が、自宅まではあと10分ちょっとなので、家についたらトイレに行こうとそのまま車を走らせました。
しかし、その5分後 第一波が押し寄せました。

お腹 ・・・

更に2分後 第二波。
1分後には第三波。
第四波・第五波・・・。
あとからあとから襲ってくるお腹の痛みに身もだえしながら自宅に到着。

ただいまぁ~!!と玄関を開けると
『あれ? お母さん、早かった・・・ね』という娘の方を見る余裕もなくトイレに直行でした。



やはり、シェイクでお腹が冷えたのね。。。
でも、仙台に行ったらまた「ずんだシェイク」に手を出すに違いない。
それくらいおいしかったってことだ。

今日は仙台

今日は、息子の定期演奏会を聴きに 仙台なう
201706171418387b4.jpg
栃木からだと東北道で3時間半かかるところを、
今回は新幹線で1時間。
体は楽だけど何となく味気ない。

が、腹は減った。
仙台駅には『牛タン通り』という、牛タン好きは名前を聞いただけでテンションが上がる素敵な一角があるのだが、ものすごい人の列で今日は牛タンを断念。
代わりに大戸屋の黒酢定食。
20170617145736617.jpg

お腹が一杯になったところで、駅前のバスターミナルに並ぶが、
予想に反して仙台はチョー暑かった。
たまらず、バスを途中下車しコンビニでボックス型のアイスを調達して息子のアパートにたどり着いたが、
今度は約束のポストに鍵が入っていな~い!

ジリジリと暑い太陽に照らされながら、
ここまできて、これは一体何の悪夢だろうとドアの前で空を仰いで一人立ち尽くす。
が、次の瞬間 手に持ったアイスが心配になり、演奏会のリハーサル中の息子に電話しまくりだ(笑)。
結果、10分ほどで息子が原付バイクで鍵を届けてくれて、
めでたくアイスにありつけた。

黒酢定食とボックスアイスを食べただけで物凄い達成感だけど、
これからが今日の目的『定期演奏会』
定期演奏会_convert_20170616204832

想像力を駆使せよ蔵王

先週、仙台マラソンに向かう途中『蔵王』に立ち寄ったのは、
ほかでもないドル夫のたっての願いである。

目的は、蔵王エコーラインの雪壁
蔵王

しかし、さすがに5月に雪壁はもう無理かもしれないので
せめてエメラルドグリーンに輝く蔵王の『お釜』を拝みたかったのだ!
蔵王のオカマ

自宅から210㎞を3時間かけてたどり着くと・・・かろうじて雪壁はあった。
20170513105030195.jpg
が、気温6℃と冷たい雨に、テンションはこれっぽちも上がらない。

家を出る時に『いちおうダウンも持っていけよ!』とドル夫に声をかけられ
『いくら蔵王だって5月にダウンはないでしょ!』と
笑い飛ばしながら持って行ったダウンに辛うじて命を救われる(;^ω^)
蔵王
一番上まで上げたファスナーが寒さを物語っているじゃないか!!

やっとの思いでたどり着いた展望台でも、窓の外は霧で真っ白。
20170514184053ae2.jpg
いくら目を凝らしても、想像力を駆使しても、何も見えやしない。




晴れていれば目の前にドォ~ンと見えるお釜のすぐそばまで来ているのに、
影も形も見えないのがもどかしい。

もどかしい・・・


もどかしい・・・


もどかしい・・・


もどかしさのあまり、



展望台に貼ってあったパネルをバックに写真を撮ってきた!!
蔵王3
(合成写真みたいだ・・・笑)